おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 6 view

友人がお土産に持ってきてくれたもの

今朝の我が家の朝食の風景なんですが、いつもとちょっと違うのは、先日来タイされた友人のお土産で、佃煮があるからなのだ!

あなどるなかれ、つくだ煮。めっぽう、美味い。なんだ、この、威力は。あれ、つくだ煮ってこんな美味かったっけ?といった感じ。ご飯何杯でもいける感じ。実際のこと言うとご飯何十杯もいったら終いにはお腹いっぱいになって厳密に言うと何杯でもいけるわけでもないんだけど、表現として、ご飯何杯でもいける感じ。てか、お腹いっぱいになるまで、ご飯は何杯でもいけるであろうということを、言いたい。

この衝撃といったら、15年も前に初めてタイに来た時の当時、タイには吉野家もすき家もなくて、タイでは有名な牛野家もなかった時代、当時から伊勢丹があったり、本格的な日本食屋さんはあったものの、吉野家やすき家といった、牛丼の王様たるお店はなくてですね(実際には吉野家は第一回目のタイ進出があって撤退した後)、大げさに言うと唯一とでも言っていいくらい、タイで食べれないものと言えた。そんな時、お客さんが持ってきてくれる吉野家からオフィシャルで販売されているレトルト的なパックがあった。チンすれば吉野家の牛丼そのものだったので、その時の有難みというか、とにかくあの衝撃は今でも忘れもしない。

あの時の衝撃を彷彿させるがごときの今回のつくだ煮。いや、実のことを言うとたぶん、こうしたつくだ煮も伊勢丹(バンコクの)とかなんとかビットのフジスーパーに行けば手に入ると思うんですが、なんか若干高いじゃないですか、日本食材って。なんかそうまでして欲してはいないかなーというのがたぶんどっかであったんでしょうね、今まで「つくだ煮」という発想がなかった。あっても梅干しやおかか止まりなもので。

実際にLEEが作るご飯は何度も記事にしている通り未だ絶賛するレベルでやばい、いや厳密に言うとやぶぁい美味しいし、今朝の朝食風景でも解るようにタイ料理的なものに時々アカ族料理をぶっ込んできます。朝食は白いご飯に味噌汁、というベースは変わらないんですが、日本食、タイ料理、アカ族料理が織り交ざっている我が家の食卓なので基本飽きは来ないんですが、それでもここに来て日本のつくだ煮の威力は、すげぇ。ご飯何杯でもいけるってわけでも実際はないんだが、表現としては、いける。何杯でも、いける。

ちょっとこれからの生活、つくだ煮とか取り入れてみよーかなーと思いました。あと、沢庵とかいいよね。つくだ煮のポテンシャルに気づかせてくれたD、ありがとう!ボクはこれから、つくだ煮と共に生きることにした。

旅の最近記事

  1. バンコクからスコータイまでの行き方

  2. パタヤの攻略法とは

  3. パタヤからバンコクまでの行き方

  4. バンコクからパタヤまでの行き方

  5. チェンマイからバンコクまでのバスの行き方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    人間力 ~プロローグ~
  2. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  3. 粋華志義

    【人間力第18回】考え方の違い3
  4. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP