おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 9 view

タイで子どもが生まれた後の届け出手続きはこの流れだ!

※以下、タイ人との間の出生の話。とりわけ、私の場合は嫁がタイ人の場合となっています。

タイで子どもを授かった場合、タイ側はもちろん、日本側にも届け出が(基本的には)必要となります。義務ではないようですが、これを怠ると子どもの日本国籍取得がめんどくさくなりそうです。

まずは出生登録証

タイ側にも、日本側にも必要となってくるのがこちらの出生登録証です。役所発行ですが、多くの場合、病院が代行してくれると思います。我々の場合も病院が代行してくれました、つまり、病院に必要書類を提出しました。必要書類は、以下のものです。

  • 自身のパスポートコピー
  • 嫁(タイ人)のIDコピー
  • 嫁のタビアンバーンコピー
  • 結婚証明書コピー
  • 苗字変更証明書コピー
  • 申請書(これは病院が用意していると思います)

私達の場合、退院した翌日には「発行されたので取りにきてください」と連絡がありました。この代行手続きには別途請求はなかったので、たぶんパッケージに含まれているのだと思います。

タイ側の届け出

タイ人である嫁のタビアンバーンに追加されるので、嫁側のタビアンバーン記載の住所の役所にて、届け出が必要な模様。私の場合、嫁のタビアンバーン住所がチェンライなので、チェンライに必要書類をもって届け出をすることになりました。必要書類は以下のものです。

  • 嫁(タイ人)のID原本
  • 嫁のタビアンバーン原本
  • 結婚証明書原本
  • 苗字変更証明書原本

日本側の届け出

日本大使館に行けば丁寧に教えてくれますが、以下の書類に記入して提出します。

  • 出生届
  • 出生登録証の和訳

出生登録証の和訳は、出生登録証がないと書けませんので出生登録証を持参します。いずれも和文で書かなければなりません、バンコク都○○区○○町・・・といった風に。不明な点は大使館担当の方が親切丁寧に対応してくださいました。


参考までに。


参考までに、出生届サンプル。


参考までに、出生登録証サンプル。

※苗字の変更

私達の場合、結婚の届け出は日本大使館にしたものの、嫁の苗字変更の届け出はたしか出してなく、その事について話がありました。これも義務ではないようですが、ただ、この届出を日本側に出さないと、タイ側の「苗字が変わった」という内容と、日本側の「嫁の苗字は旧姓のまま」という内容で書類上食い違いが起こりますよ、という話でした。なんか気持ちが悪いので、これは後日落ち着いたら苗字変更の届け出を日本大使館にもしようと思います。

注)ちなみに、それによっても提出書類上の記載する苗字が変わってくるので、これがいちいち面倒くさい。。

これで、45日後くらいにパスポートが発行(手続きが)できるとのこと。

ちなみに、本人は22歳までに国籍を日本とするか、タイとするかを決断することになります。厳密に言うと二重国籍を認めていないのは日本国の方で(タイでは問題ない)この決断を怠ると最悪の場合、日本国籍を剥奪される場合もある模様です。別に今、「日本国籍にする!」と決断してもいいようですが、ビザのこともあるのでわざわざ今決断する人はいないでしょう。つまり、22歳まではタイのパスポートと日本のパスポートの2つ持ちで、日本に入国する時には日本のパスポート、タイに入国する時はタイのパスポート、と使い分けをすればいいようです。なんとも便利!二国以外は日本パスポート使いであることは言うまでもありません☆

旅の最近記事

  1. バンコクからスコータイまでの行き方

  2. パタヤの攻略法とは

  3. パタヤからバンコクまでの行き方

  4. バンコクからパタヤまでの行き方

  5. チェンマイからバンコクまでのバスの行き方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  2. 粋華志義

    【人間力第17回】考え方の違い2
  3. Portfolio

    【第24回】金は売り時?買い時?
  4. 【日本一周22日目】北海道

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP