おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 最近の記事
  1. 個人
  2. 13 view

景勝兼続其の壱

「恐れながら お断りいたします。 我が主君は 上杉弾正少弼景勝をおいて他にございませぬ。 それがし 幼少の頃より主 景勝に仕え 共に命を懸けてこの乱世を生き…

  1. 個人
  2. 4 view

天下人

「なかぬなら殺してしまへ時鳥」 「鳴かずともなかして見せふ杜鵑」 「なかぬなら鳴まで待よ郭公」いずれも偉人。…

  1. 粋華志義
  2. 14 view

忠誠心

 「日本人はその主君に対して忠誠心がない」と、戦国期に渡来した南蛮の宣教師がローマへ書き送った報告書のなかで語られている。「機会さえあれば主君の座をうばった…

  1. 粋華志義
  2. 15 view

神社仏閣

この時代(1614年)は、平安期ではない。戦国期を経て世間のひとびとに合理主義が自然とそだち、神仏など人の吉凶になんの役にも立たぬことを、この時代の大部分の人が…

  1. 個人
  2. 11 view

上杉義軍

「吾等は上杉の侍、敵に屈して生き恥を曝すより死して侍の道を貫く」…

  1. 個人
  2. 6 view

噂の市

 伊賀者のあいだで、「市」とよばれる集まりがある。市とは、噂の市である。甲賀者の社会にはない。市というのは敵味方各家につかえている伊賀者が、京なら京…


おすすめ特集記事

  1. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  2. Portfolio

    【第24回】金は売り時?買い時?
  3. 粋華志義

    ボクがイスラエルをオススメする3つの理由
  4. 粋華志義

    【人間力番外編】人間が人間を批判すること

アーカイブ

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP