おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 個人
  2. 69 view

メルセデス修理物語 エンジン修理 パワステオイル漏れ

スクンビットまで行って帰って来るだけでエンジンがオーバーヒートで壊れました。

我がメルセデスは古いので乗車する前は必ずラジエターに水を満タンまで入れるんですが、水が漏れる訳でもなく同日の復路ではラジエターの水が尽きてオーバーヒート。異常に気付いたのが家まであと3分のところ、なんとか駐車場までたどり着いたんですが、ついにエンジンはかからず終いに。

例の修理工に来てもらったら「なんで温度計みてきちんと走らないんだ!」と怒られたんですが、なんか、そうじゃないんですよね。。温度計を見るのは勿論だけど、問題の本質に迫るとすれば、なんでラジエターの水が一日もたたない内になくなってしまうのか、と言いますか。。

とにかく、オーバーヒートでエンジンかからないんで、レッカーで持っていってもらって後日に修理工から電話が。


原因はこちら。エンジンのこのトップ部分が経年劣化でもう使い物にならない、との事。これで全部がつじつまが合ったんですが、近年のエンジンスタートする前に「きゅるキュルキュル・・・」が1分くらいかかるとか、最近ラジエターの水の減りが速いような気がする、だとかはこのパーツの経年劣化だったようです。


それから、別件でパワステのオイル漏れがありまして。兼ねてよりパーツを探してもらっていたんですが、結局パーツがなく、他車種用のパーツでうまく組み上げてもらいました。


エンジンオーバーヒート後の復活、オイル漏れもないし、エンジンも部分交換してすぐかかる、なんかリニューアルした感じです!


こちらが今回の修理費用。なんかいっぱい書いてある、締めて31,690バーツ。

 

個人の最近記事

  1. [CB1100] アップハン、フロントフォークブーツ、カスタムシートその他を導入してみた

  2. [CB1100] スタンダード色であるブラックにしたカスタムシート

  3. K10仕様に合わせてシートを水平に合わせ、サイドカバーを調整してみました。

  4. オムハンバーグみたいなやつ

  5. メルセデス修理物語 エンジン修理 パワステオイル漏れ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  2. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  3. 粋華志義

    人間力 ~プロローグ~
  4. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5

アーカイブ

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP