おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 個人
  2. 18 view

土方歳三の粋。

官 「いずれへ参られる」

歳 「参謀府へゆく」

官 「名は何と申される」

歳 「名か」

歳三はちょっと考えた。しかし函館政府の陸軍奉行、 とはどういうわけか名乗りたくはなかった。

歳 「新撰組副長土方歳三」

といったとき、官軍は白昼に竜が蛇行するのを見た ほどに仰天した。

官 「参謀府に参られるとはどういう用件か。 降伏の軍師ならば作法があるはず」

歳 「降伏?」

歳 「いま申したはずだ。新撰組副長が参謀府に用がありとすれば、斬り込みにゆくだけよ」

139年前の昨日(旧暦で)、一人の男の中の男の中の男の中の 男が死んだ。

土方歳三。

時勢が変わり、世の善悪が変わっても、男を貫く歳三。

号泣、

と言えば、京都供養巡りでは勿論壬生寺も行ってきました。

加茂の河原に 千鳥が騒ぐ またも血の雨 涙雨 武士という名に 生命をかけて 新撰組は 今日も行く
恋も情けも 矢弾に捨てて 軍かさねる 鳥羽伏見 ともに白刃(しらは)を 淋しくかざし 新撰組は 月に泣く
菊のかおりに 葵が枯れる 枯れて散る散る風の中 変わる時勢に 背中を向けて 新撰組は 何処へ行く

個人の最近記事

  1. [CB1100] スタンダード色であるブラックにしたカスタムシート

  2. K10仕様に合わせてシートを水平に合わせ、サイドカバーを調整してみました。

  3. オムハンバーグみたいなやつ

  4. メルセデス修理物語 エンジン修理 パワステオイル漏れ

  5. 朗報!facebookメッセンジャーの通知(チャットヘッド)を非表示にする方法、最新版! …

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5
  2. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  3. 【日本一周28日目】茨城→東京、そしてエンディング
  4. 粋華志義

    【人間力第18回】考え方の違い3

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP