おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 旅ログ
  2. 15 view

【山梨観光】山梨に招待してもらった件

日ごろお世話になっている山梨の取引先が、山梨を招待してくださいました。今回はラフォーレ原宿に期間限定のポップアップショップ出店の為に東京出張で来てるんですが、18日間土日も休み無しでお店に出ているので気を遣って下さったのだと思います。

山梨と聞いて少し遠いように思われるかも知れませんが特急が出ていて、新宿から1時間半で行けてしまうのですね、思ってたより近い。

山梨、具体的には石和温泉駅を降りたらまず空気が美味しいのよね。バンコクに住んでいると成田に到着する時点でまず空気の美味しさを感じてそのまま東京入り、東京から石和温泉でまた空気の美味しさを一段と感じるのでした。

まず連れて行ってもらったのが県外からもファンが訪れるとゆうお蕎麦屋さん、定番のセットをお願いしました。なんでも右上の鳥もつ煮は、B-1グランプリで優勝したのだとか。お蕎麦ももちもちしてすごく美味しかったです。

続いてやってきたのが武田神社。

武田神社の周りは堀があるのかー、なんて眺めていたら、「え?堀?」となってよーく見たら、

躑躅ヶ崎の館とは、ここだったのかーと一気にテンション上がってですね、思いもよらぬ感動が込み上げて来ました。

そうなると堀にいる鯉なんかも愛おしくてたまらない。

こうした景観も当たり前ではなくなってくる。

旗だって。

家紋だって。

そうゆう目で見ていたら、なんと本物の戦国時代に使われていた“風林火山”の旗があるとゆうではないですか。武田神社内にある宝物殿とゆうところへ早速足を運びました。

宝物殿の中は残念ながら写真撮影禁止だったので本物の旗をお届けすることはできないんですが、想像以上に大きいものでした。たぶん、一般に思われる旗の3~4倍はあったと思います。

複数人いたので流しましたが、次回は一人で行って物思いにふけってみたいものです。保存状態はよく、一見の価値はあるものです。

あ、その本物の旗の右にあった信玄像だけは記念に撮影がオーケーでしたのでそれだけでもお届けします。

それにしても山梨に到着して早々、感動しましてございます。

旅ログの最近記事

  1. タイで交通事故に巻き込まれた時の対処法3ステップ!メルセデス運転してたら後方車に追突された…

  2. [泊ログ009/東京都/北区]Friendly guest house near JR T…

  3. [泊ログ008/京都府/京都市][Free Self-Service Breakfast]…

  4. [泊ログ007/京都府/京都市]Traditional Japanese-style Tw…

  5. [泊ログ006/Thailand/Krabi]Ao Nang Condo 10 (H1nb…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  2. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  3. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5
  4. 粋華志義

    【人間力第18回】考え方の違い3

アーカイブ

アーカイブ


タイ情報☆ブログランキング


PAGE TOP