おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 8 view

タイのお偉いさん方へ――。タイの交通事故を激減させる為の改善策2選

タイの交通事故死亡率は世界でワースト2位、だという記事をどこかでみました。これだけ世界に国があって、その中で2番目にひどい、というのは結構な状態だ。このブログでも何度か紹介しているかもですが、タイ旧正月にあたるソンクラーン時期(4月中旬)には毎年、タイ警察が実際の數字で発表してもいます。発表していることからも察せられる通り、タイ政府もそれなりにこの問題には着目しており、毎年対策を行っているも、対した効果はあがっていないのではなかろうか、と思う。何故か。それはたぶん、対策を行っているお偉いさん方もまたタイ人だからだ、と、思う。そこで、外国人から見た視点でこの問題をもう少し掘り下げて見て、私なりの改善策をあげてみたいと思う。日本語で書いているし、本ブログなどタイ政府にまさか影響力など1%の可能性にも満たないことは解っているが、曲がり曲がってでも目に触れて・・・など期待もしていないけど、とにかく挙げてみたいと思います。

■改善策 その1 車間距離を空ける

周知の通り、タイ人は全般的に車間距離を空けない。これが、まず良くない。よくニュースでたまつき事故のニュースを目にするけど、私からすると当たり前のことだ。車間距離を空けてないから、8台とか平気で玉突き事故を起こすのだ。「前の車が急ブレーキをかけたから」とか記事に書いてあるけど、私的にはちゃんちゃらおかしい、タイ語で言うと正直、ソムナムナー(ざまぁみろ)とまでは言わないけれど、ほらみろ、くらいの感じには正直なる。原因は「前の車が急ブレーキをかけたから」ではなく、「7台全車が車間距離を空けてなかったから」だ。その事にタイ人はいい加減、気がついてほしい。気がついて、記事を書くライターも「前の車が急ブレーキをかけたから」とか見当はずれの言葉を用いず、「車間距離を空けなかったから」という言葉にして広めるべきだ。これには勿論、メディアの協力も必要だ。車間距離を空けなければ事故をひき起こすのは、可燃物に火をつけると燃えるといった大自然の法則と同じようなものだ。では、タイ人に車間距離を空けさせるにはどうしたらいいのか?そこまでは、知らん。教習所で徹底させるとか、さっき言ったようにメディアに言葉を徹底させるとか、街中にカメラ設置を増やして且つ車間距離何メートルだとかの基準を設けて取り締まるとか、色々やるべき事はあるはずで、それは政府(警察)の仕事だ。

■改善策 その2 スピード制限

タイではスピードの取締りが甘いように思う。一応、主要道路にはスピードの標識はあるけど、あれはあってないようなもんで、全然機能していない。機能していなければ、ないのと同じだ。「車は急には止まれない」、という日本人には耳にタコができるほど聞かされるこの言葉を、タイ人にも浸透させる必要がある。カメラだってそうだ、高速道路のどこどこにはカメラが設置されているという噂だけは聞いたことはあるけど、スピード違反でも罰金500バーツだと言う。何キロオーバーで500バーツなのかは知りませんが、500バーツなら車を所有する中間層以上の人には痛くも痒くもないし、これなら人を本当の意味で取り締まることなんてできやしない。スピードに寄ってだけど、1万バーツ、3万バーツといったレベルの設定が必要だと思う。設定だけじゃなくて、ここでもカメラを設置、それから覆面パトカーだとかの導入も必須のように思われます。

ここでも教育が必要、だ。

他にも、譲り合う心を教習所などで教えこませる、だとか、わかりにくい信号の改善だとか細かい点はいくつか思い浮かぶけど、上の2点さえ集中して、本気で改善をしていけば、7割方の事故は激減するのではないかと本気で思っています。交通事故原因を調べると「前の車が急ブレーキをしたから」とか、「飲酒運転」だとか、「居眠り運転」だとか色々あるけれど、結局は適切な車間距離を空けて異常なスピードを出していなければ防げることも多いはずだ。例えば、飲酒運転で勝手に事故る車は別としてそれに突っ込む車だとか、車間距離を空けてない為にそれにさらに突っ込む車だとか、スピードを出しすぎていたために居眠り運転のふらふらを早期発見できずにそのまま巻き込まれるパターンだとか、とにかく日本人の私にとっては日本の交通事情を知っているのでタイの道路を走っていると異常に感じる。というか、「なんて運転が下手なのだろう」と、思う。運転が下手なのに、本人がそれに気づいてないのでタチが悪い。「前の車が急ブレーキしたから」と人のせいにするので、いつまで経っても改善されないのが難点だ。

まとめ

まぁ、タイ人が人のせいにしているうちは改善しようにも改善することは叶わないだろうけども、その原因はとっくに解っています。タイで1日中 外を走っていると事故現場に遭遇するのはこんな現地事情があるからです。タイが大好きな私としましては、タイのお偉いさん、早く気づいて!と心の中で叫んでいるんですが、この真実の声は届くことはないでしょう。。

旅の最近記事

  1. 民泊実録体験002 愛知県名古屋市

  2. 民泊実録体験001 愛知県半田市

  3. バンコクからスコータイまでの行き方

  4. パタヤの攻略法とは

  5. パタヤからバンコクまでの行き方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  2. 粋華志義

    【人間力番外編】人間が人間を批判すること
  3. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  4. 【日本一周28日目】茨城→東京、そしてエンディング

アーカイブ

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP