おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 粋華志義
  2. 45 view

結婚は人生の墓場、って意味がわからない件。

ふと気づくと手元にこんなものがある。

なんてこたぁ、ない。ただのグレープであります。しかし、自分はこんなところにも小さな幸せを感じるんです。

もうお分りの通り、半分にカットしてあるんです。そう、中の種を取り除いてくれてるんです。しかもこれ、自分がリクエストしてやってもらっているのではなく、嫁が自発的にやって出してくれる。

こう考えると、嫁は色々なことをしてくれる。

  1. 炊事洗濯から掃除からはじまり、
  2. しかも料理は絶品
  3. 甚平やバッグが切れたりしたら裁縫で修正してくれる
  4. 嫁と出逢ってから外で髪の毛カットしたことない(嫁が散髪してくれる)
  5. マッサージしてくれる
  6. 子育て愚痴こぼしたことない、むしろ楽しんどる
  7. とゆうか、上の全般で嫁の愚痴聞いたことない
  8. 弁当休みなく作ってくれる
  9. 両親と仲良くやってくれる(LINEとか贈り物制作とか)
  10. 虫退治してくれる

今ぱっと考えただけでもこんな感じ。なんとゆうか、最強だな、ボクの嫁ちゃんは。って、ここまでは単なるのろけ話、かな。のろけ話。カリベトシオがのろけ話。なんか似合わないね。ボクは現状に満足しないように常に自分を律してるからな。他の人がこれをのろけ話とするのは勝手だけど、ボクの中ではそうゆうたわい無いことを言いたいのでは、ない。

ところで自分の周りの人には周知の通り、カリベトシオとゆう人間は「疲れた」とか「不味い」とかネガティブな言葉を使わないようにしている。詳しくは連載人間力にある通りだけれども、ひと言でいえば思考は現実化するからだ。

例えば、うんちの話をしながら食べるカレーと旅行の計画をしながら食べるカレー、同じカレーでもボクは後者のカレーが美味しく食べられる。これが、思考は現実化するとゆうことだ。

思考が現実化するんなら、思考回路を見直してみたい。その為にも、自分の発する言葉に気をつけてみた、22歳の時だ。つまり、ネガティブな言葉を利用しないやり方を選択することで、思考回路も変わってきた。そうすることで自分の中の現実が変わってきた。そりゃボクだって一人間、大自然の法則に敵うものではないけれど、自分の現実をある程度コントロールすることができてきた。何故なら、自分の思考をコントロールさえすれば、それができるんだから。もし、思考が本当に現実化するんだったら、、の話ですけどね。

もう悟い人はお分かりの通り、ボクが冒頭に言ったことが果たしてのろけ話だったのかどうか。ちなみに、上の嫁がやってくれる事は全部本当の話。

ボクは、鏡の法則を利用しているだけだ。

「結婚は人生の墓場」と言う人は、「誰が」そうしているんでしょう。だから、ボクには、意味が、わからないなあ。

自分の結婚の条件は「成長し合える」ことで、それは嫁にも話し、今この条件は充分に適っている。てゆうか、想像以上だ。周りの夫婦は知れず、自分にとって結婚ほどおもしろいものはないくらい、毎日がおもしろい。毎日、結婚がおもしろい。

一度きりの人生、おもしろくいきたいじゃないですか。

粋華志義の最近記事

  1. 結局、世の中 義とおもてなしなんだと思う

  2. 結婚は人生の墓場、って意味がわからない件。

  3. ボクがネットワークビジネスをやらない理由

  4. 粋華志義の義について考える

  5. まずは玉を取ることが大事だ。 その3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 旅ログ

    【日本一周28日目】茨城→東京、そしてエンディング
  2. 旅ログ

    イスラエル物語 【最終回】
  3. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  4. 粋華志義

    【人間力第18回】考え方の違い3

アーカイブ

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP