おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 旅ログ
  2. 96 view

【フィジオクリニック】そこは、次回の予約日まで待ちきれないほどに良いクリニックでした。

今回実際に利用したバンコクのクリニックが最高のおもてなしで、次回の予約日まで待ちきれないほどに良いところだったので紹介したいと思います。

まず、そのクリニックとはこちら

フィジオクリニック

スクンビットSoi33のフィジオクリニックです。

今回、右手を打撲だか骨折だかわからない状況に至ったので、「バンコク 打撲 骨折」でググって一番上にヒットしたのがフィジオクリニックだった為にはじめて訪れてみました。

いや、はじめて行くクリニックというものは緊張するものですよね。しかも、ビルの4階だとなるとその緊張もマシマシとなります。しかし、4階に到着した途端にそれまでの緊張が一気にほぐれました。

「いらっしゃいませ、こんにちは」

数人の女性スタッフが日本語で迎えてくれました。しかも美人揃い。笑顔も良い。そうか、「日本人対応」のお店ではなく、「日本人向けクリニック」であったことを思い出しました。

すぐさま日本人の先生も出迎えてくれて診てもらいました。すぐに「折れています」と診断。5分で行ける近くの病院に行きレントゲンをとってクリニックに戻ると

日本から持ってきたという特別な機器類で微熱や超音波を流してもらって(どうやら治りが早くなるらしい)から、先生に骨も戻してもらえました。数秒で。言うほど痛くはなかったですね。

えっ?クリニックで骨って治してもらえるものなの?とはじめは思ったものでしたが、先生はたまたま日本でそれ系を専門でやっていたそうで、普通のクリニックではたぶんできないということでした。

とは言え、骨折ですから固定してもらって包帯ぐるぐる巻き。全治一ヶ月。早ければ3週間くらい、ということで。

ま、それはいいとして、微熱や超音波流してもらってる時や、ちょっとした待ち(繋ぎの)時間にも都度

「大丈夫ですか?」
「何かあればすぐ言ってください」

と何度も声をかけてくれます。それからかけ声で互いに確認し合うのにも感心しました。それも威勢のいい(声が大きい)かけ声ではなく、タイらしいもの柔らかいかけ声で聞いていて絶妙に心地良い。

お代も決して高くない、と言いますか、むしろリーズナブルです。日本人先生もいて、あれだけ日本語が話せるスタッフさんを揃えるのに…と企業努力も感じられる最高のクリニックでした。

骨折って良かった!

旅ログの最近記事

  1. 【フィジオクリニック】そこは、次回の予約日まで待ちきれないほどに良いクリニックでした。

  2. 【タイ全国一周】カオヤイ国立公園の!ナコーンナヨック編

  3. 【タイ全国一周】ワット チュラーポン ワナーラーム@ナコーンナヨック

  4. 【タイ全国一周】ワットカオトゥリアン@ナコーンナヨック

  5. 【タイ全国一周】ガネーシャパーク@ナコーンナヨック

関連記事



おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    【人間力第18回】考え方の違い3
  2. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5
  3. 粋華志義

    【人間力第17回】考え方の違い2
  4. 粋華志義

    人間力 ~プロローグ~

アーカイブ

アーカイブ

タイ情報☆ブログランキング

PAGE TOP