おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 食ログ
  2. 50 view

[食ログ103/バンコク/Soi 23]バンコクで攻めてるラーメンと言えば!味彩

旅先や暮らしの中で行ったレストランを勝手に、個人的に、あくまでも個人的な主観で勝手に評価していく食ログのコーナーです。


 

バンコクにジャムをトッピングするらーめん屋さんがあるとゆう。。そんな都市伝説は前々から聞いていたのですが、やっとこさその真実を確認できる時がきました、

その名もらーめん味彩。場所はスクンビットのソイ23入ってすぐ右側にあります。ちょうどソイカウボーイの入り口のあたりです。

店内は落ち着ける雰囲気。

トムヤムクンらーめんなどの案内もありますが、ジャムラーメンのような攻めてるらーめんの他にもメニューは豊富にあります。アルコールメニューも豊富にあって酒のつまみになりそうなサイドメニューもあったので夜はのんべぇにも嬉しいかも。

キマシタ、私はジャムで攻めるわけでもなく、比較できるらーめんを。とゆうことで豚骨醤油らーめんにしました。いつものようにまずスープをいただくと、、

衝撃のうまさ。

思わず角度を変えてこの味の芸術品、アートを撮影し直したくなるほどの衝撃を受けました。激ウマです。スープはかなり豚骨が濃縮されたこってりスープ。中濃ソースまではいかないけど、それなりにとろっとろです。麺はストレートの細麺。ストレートの細麺なのにスープがとろっとろなだけに絡みまくってそれが絶妙なコラボレーションを生み出しています。非常にバランスがいいです。また、具も非の打ちどころがないレベル。チャーシューなんかは先日の亀王に勝るとも劣らない旨さといっていいでしょう、かなりのポテンシャルを感じます。さ・ら・に、評価すべきはもやしとたまねぎでしょう。スープがスープだけにこれだけこってりしているとぐったりすることにもなり兼ねないんですが、新鮮なもやしと玉ねぎのおかげで食べていてしゃきしゃきっとするんです。食べていて「なるほど!」と妙に納得しました。こってりの中にある新鮮な食感、ある意味初めてでした。

また、ポットに入っただし汁を用意してくれるので、好みに合わせて薄めて食べても良し、麺をいただいた後に最後にスープとして楽しむのも良し、でこの点も評価すべきところですね。

ちなみにこちらのたまご魯肉飯は特筆することはないのでスルーします。

日本、タイ、中国とインターナショナルに展開している模様ですが、攻めてる姿勢が余計に好きになりました。勿論、らーめんだけの評価も極上です。他のメニューも個人的に試してみたいと思います。

このお店のオススメ


豚骨醤油らーめん
※その他写真は下の写真アルバムにて

このお店の写真アルバム

https://photos.app.goo.gl/Rxib49Wp2yZcRGz78

食ログ評価

[食ログ] 43スター
美味しさ: ★★★★★ ※倍率×5
サービス: ★★★★☆
独創性:  ★★★★☆
快適さ:  ★★★☆☆
センス:  ★★★★☆
コスパ:  ★★★☆☆

お店データ

店舗名: 味彩
タイプ: ラーメン
場 所: 

★より詳細な情報は下記Webサイトまで
ramenajisai.at.asok

食ログ評価基準はこちら

食ログ評価基準 | 粋華志義

クリック投票お願いの儀。

クリック一票のほど、何とぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

食ログの最近記事

  1. [食ログ177/バンコク/EmQuartier]釜飯&丼ぶりの天国!釜天

  2. [食ログ176/バンコク/Soi49]ナポリタンが美味しい!?天ぷらや

  3. [食ログ175/バンコク/Asok]大正浪漫漂う一軒家でいただく!写楽

  4. [食ログ174/バンコク/Thaniya]タニヤの老舗居酒屋!酒の店

  5. [食ログ173/バンコク/Soi37]バンコクにおける老舗うなぎといったら!うなぎ中村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. Portfolio

    【第23回】ジュエリーを本気で考える ~まとめ~
  2. 旅ログ

    イスラエル物語 【最終回】
  3. 活動

    [実例]おもてなしの心を持つ人とおもてなしの心を持たない人の…
  4. 粋華志義

    【人間力第17回】考え方の違い2

アーカイブ

アーカイブ


タイ情報☆ブログランキング

PAGE TOP