おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 個人
  2. 288 view

梟の城

 梟の城。

これには参りました。

司馬遼太郎の作品でははじめてという長編、にして直木賞受賞作品。処女作といってなめてかかったら、いかんです。もう司馬遼太郎節が炸裂、いや、むしろそれが濃厚に表れている。忍者が主人公なので基本的に裏。信長~秀吉~家康の表ではなく、同時期においても裏で暗躍するドラマ。ミステリアスな部分も終始読み手の心を掴んで逃がさない。そして、最後の最後の結末には、参った。いや~参った参った。

 

梟の城 (新潮文庫) 梟の城 (新潮文庫)
(1965/03)
司馬 遼太郎


商品詳

個人の最近記事

  1. バンコクでメルセデス・ベンツのエンジンを載せ替えた件

  2. [CB1100] アップハン、フロントフォークブーツ、カスタムシートその他を導入してみた

  3. [CB1100] スタンダード色であるブラックにしたカスタムシート

  4. K10仕様に合わせてシートを水平に合わせ、サイドカバーを調整してみました。

  5. オムハンバーグみたいなやつ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    人間力 ~プロローグ~
  2. 粋華志義

    【人間力第17回】考え方の違い2
  3. 食ログ

    [食ログ] ランキング☆ラーメン部門
  4. Portfolio

    【第24回】金は売り時?買い時?

アーカイブ

アーカイブ


タイ情報☆ブログランキング


PAGE TOP