おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 粋華志義
  2. 46 view

人の評判の出処について思う事

誰かが

「あいつは○○だからロクな奴ではない」

と言ったとして、その人が言う“あいつ”はロクでもないとは限らない、とゆう話。


それを言った人をこの際、Aとする。
Aに「ロクでもない」と言われた人を、Bとする。

この場合、

「あいつは○○だからロクな奴ではない」

とAにして言わしめた出処は何処であろう?

どうやら、世間一般ではその出処がBであるかのようにボクには見受けられる事が多いので、今回この記事を起こす次第であります。

ボクは、決してそうは思わない。つまり、上の出処がBであるとは思えない。ボクは、その出処はAの思考から来ていると考える。だからボクは、人から批判されているからとゆうそれだけの理由で人を判断したことはないし、ボクはその人と実際に会って自分の目で見て耳で聞いて肌で感じるまでは何も思わないようにしています。

「思わないようにしている」とゆうのは、人間とゆうのはどうしても情報に惑わされがちのようで自分も一人の人間、「意見と事実の違い」には常日頃、意識している次第です。そういった意味では現実主義、現場主義であり続けたい。

そしてむしろ、賛否両論ある人ほど魅力がある人は、中にはいるものだ。万人受けする人よりも、人の批判を顧みず、自分の信じたやり方を貫き通す人はボクはカッコいいと思う。

だから、ボクは多数派から批判されるような人でも結構仲良かったりする事が多い、とまではいかなくとも幾度とある。それでいて多数派とも上手くやってゆく。これは、学生時代からの自分のやり方。

だってラーメンと一緒なんです。人によってラーメンの好みは異なるし、ラーメンの場数も全然違う。Aさんが「あのラーメン屋さん、世界で一番美味しい!」と言ってきたとこで自分が世界一美味しいと判断するものでもないのと一緒。だって自分はそれ食べたことないんだもの。Aさんが「あのカレー屋、めっちゃ不味かった」と言ってきたとこで、それが理由で行かなくなることもない。だっていずれもそれら評価はAさんの思考から出てきたもので、好みの違う別人間の自分がそこに行って実際に食べないことには事実は解らないから。

ただ、上の話だと、「世界一美味しい!」と言われたからには、自分も行ってみたくはなりますね。「めっちゃ不味い」と言われたら、行かないことはないにしろ優先順位は下がりますね。それくらいの参考には、さすがにします。しますが、色眼鏡では決してみない、とゆうことです。


それから今ひとつ興味深いことは、人間には思考パターンがあるとゆうことです。すなわち、Bさんを批判したAさんの思考パターンは、「批判をする」思考パターンになっている場合が多い。つまり、Bさん以外にもCさんにもDさんにも批判をしているかもしれないし、もしかしたら自分にも…

それくらいの参考には、なりますね☆

クリック投票お願いの儀。

クリック一票のほど、何とぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

粋華志義の最近記事

  1. 志とゆう生き方

  2. どんな逆境にもそれ相応か、それ以上の利益の種が必ず隠されている

  3. ラーメンの話をしよう。

  4. 人の評判の出処について思う事

  5. 止める事を、今年は2つ実行しました。その2つとは!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    【人間力第20回】考え方の違い5
  2. 粋華志義

    【人間力番外編】人間が人間を批判すること
  3. 旅ログ

    【日本一周28日目】茨城→東京、そしてエンディング
  4. 食ログ

    [食ログ] ランキング☆ルーフトップ部門

アーカイブ

アーカイブ


タイ情報☆ブログランキング

PAGE TOP