おもしろき こともなき世を おもしろく

  1. 粋華志義
  2. 27 view

はじめてをはじめる時にぶち当たる、聞いた通りの7つの艱難

よく言うじゃないですか、こうゆうことは。これは、本当にその通りだと思う。よく本とかでもあるじゃないですか、自動車王と呼ばれるヘンリーフォードなどは、何十年働いて貯めたお金で自動車を数台買い、買ったと思ったらそれを全部解体しだしたのだと言う。それを見た周りの人、家族ですら彼が本当に狂ったのだと思ったらしいって。これ系の話はよく聞くからか、私は変わっている人には興味があるし、私自身、普通であることを嫌がる習性がいつのまにか身についてしまっている。

今思えば、新しいプロジェクトを立ち上げるのに自分自身も含め、何件も携わらさせてもらっています。そんな中、いくつか言えることが、あります。それでは、はじめてをはじめる時、つまり、新しい「何か」をはじめる時にぶち当たる艱難とその解決法を見て参りましょう。

■1. 変な人だと思われる

まず、こちら。そりゃ、そうだ。逆に、「変人」と思われるくらいじゃないと、その人がやっているようなことは、「普通」である。その人が「普通」である限り、大事は成せないと思っとります。人とは違った「変人」と思われるくらいになってはじめて、スタートラインに立ったと言ってもいいくらいだ。ここでの解決法は、変な人に、なる。他人の目を気にしない、図太い感覚、強い精神力を持つことです。

■2. 批判される

世の中にはこちらが頼んでもないのに、批判する人がいます。「そんなのできっこない」だとか、「それはやったけどダメだった」とか。こうした批判する人への対処法は、右から左に聞き流すこと。もしくは、理由を作ってでも、そっとその場を立ち去ってみることをおススメします。できないと考えて思考がストップしている人にどんなに「うまくいくか」を議論したところで、これは時間の無駄。評論家を相手にして人生の貴重な時間を無駄にするほど愚かなことはありません。物事を成す前の人間がいくら真実やアイデアを言ったところで、それは人には非常に伝わりづらい、ということもあります。まずは玉を取るのが肝要であることを、最近特に感じます。

■3. 周りの友人と比較して、あせる

自分の周りを見ると、誰々が結婚して、子ども生まれて、マイホーム購入して・・・となり、自分が取り残されているようにも思うかもしれない。でも、どこかの外人さんが言ってました。「人は他人と比較することを止めた途端に、幸せになれる」みたいなこと。人間というのは、自分と他人を比べる時、必要以上にその他人のことを幸せだと思う傾向があるようです。特に今はFacebookとかありますからね、、この外人さんの言うことは本質的に的を得ていると思います。人は誰もが、何かしらの問題を抱えて生きているものです。人と自分を比べるのは、今すぐ、もう、よしましょう。

■4. 金欠になる

あとね、単純に金欠になりますよ、大抵の話。だって新しいことなんかいきなり収益モデルが安定するわけがないじゃないですか。世の中、みなさん耳にタコができるくらいに聞いた通りに甘くはないすよね。ただね、そうならないように綿密にプランだけ立てて行動しないよりかは、とにかく行動をした方が、いいと思います。どうせプラン通りになんかいきませんので。かの高杉晋作だって、「あとはその場その場で絵を描いてゆけばいい」と踏み切ってあの功山寺で立ち上がったわけですから。かっこいい。

■5. 社会的信用の件

これ、ある時突然気づいたんですけど、あまりに一人でやりたいように動き周っていると、社会的信用もなくなっていくんです。何故なら、人は、年をとっていくものなんだもの。つまり、25歳の時と35歳の時で同じことをやっていたら、社会的な責任の重さがおのずと違ってくる、といいますか。クレジットカードなんかも、サラリーマン時代に複数枚作っておいた方がいいとかね、あ、これは独立する場合の話か。とにかく、はじめてをはじめる人は結果を出せなければ、何を言ったところで、また何をやったところで認められるものではありません。明言を口にした人が偉いのではなく、偉い人が言うから明言となり得るのです。ここでも解決法は、まずは玉を取ること。

■6. モチベーション維持が難しい

自分のこと、つまり、自分のモチベーションのことなんか当たり前すぎるのでここでは省略。難しいのは、一緒にその新しいことをやってくれる同志のモチベーション維持。これはなかなか大変ですよ。自分の士気なんてどうにでもなるんですが、中々結果を見出せない中で、チームを引っ張っていくというのは、簡単なことではありません。これはまず、自分の情熱の炎をまず、絶やさず燃やしていき、それを以って同志と向き合うこと、いや、向き合い続けることしかないと思っています。

■7. 孤独である

孤独ですよ、孤独も孤独。LONEY WILDってやつですな。でも、こればっかりは、自分を信じるっきゃないでしょう。自分を越えて、その向こうにあるものを信じて生き抜いてやるしかありません、昨日と明日の間を。

まとめ

いや、最近若い子に試練を与えてるんですが、その姿を見ていると、昔を思い出しましてね、だって、新しいことをはじめる道を選ぶってのは、並大抵のことでは、たしかにないかもしれない。

なぜわざわざ成功するかどうかも解らない、いや、確率でいえば十中八九は成功しない道を選ぶのか、それは自分だけが知っていればいいと思う。今言ったところで、バカにされるのがオチです。

ただ、おもしろいですよ。うん、自分にはやっぱり、自分が選んだこの道が振り返ってもおもしろかったし、これからのことを考えても、ワクワクする。新しいことは、おもしろいです。

粋華志義の最近記事

  1. 結局、世の中 義とおもてなしなんだと思う

  2. 結婚は人生の墓場、って意味がわからない件。

  3. ボクがネットワークビジネスをやらない理由

  4. 粋華志義の義について考える

  5. まずは玉を取ることが大事だ。 その3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


おすすめ特集記事

  1. 粋華志義

    【人間力第17回】考え方の違い2
  2. Portfolio

    【第24回】金は売り時?買い時?
  3. 粋華志義

    人間力 ~プロローグ~
  4. 【日本一周28日目】茨城→東京、そしてエンディング

アーカイブ

アーカイブ



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

PAGE TOP